2009年04月12日

ただいま

みなさんただいま。

4月10日 金曜日。満開の桜桜に見守られて、晃雅退院しました猫(笑)

約1年4ヶ月の入院生活でした。
長かったような短かったような・・・。


身長28.5cm 体重554gで生まれた晃雅も、退院時には
身長55.1cm 体重3960gにまで成長しましたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


皆さんの応援にも支えられ、ようやくこの日を迎えられました。
ありがとう^^

09--4-10.JPG


小児病棟に行ってからの話は、追々書いていこうと思います。

なんせまだ家の中が入院の荷物やら、もらい物やらでぐちゃぐちゃ猫(泣)

あ、でも小児病棟では大変なこともあったけど、毎日楽しかったですよ^^


そんでもって心配していたにゃんずとのご対面。

最初は実家に帰ったので、次元とのご対面。

3兄弟の中で、一番気が荒く、私達もいまだにひっかかれたり噛み付かれたりするし、お客さんにもシャーシャーいうのでかな〜〜〜り心配でした。


でも意外や意外。

シャーともにゃんとも言わずに、ちょっとっびびってました^^

09-4-10-3.JPG


はじめてみるちっこい生き物に、興味はあるけどどうしたらいいのかわからず、遠くからじわじわ近づいてきました。

手を出すこともなかったので良かったです。
土曜日いきなり友人の結婚式だったので、預けようか来てもらおうか迷ったけど、大丈夫そうなので、しっかり預けることが出来ました^^


そして我が家のくまときなこ。

きなこはもちろん逃げました。
でもわりと早く出てきて、寝ている晃雅の足のにおいをこっそり嗅いでいたりもしてました(笑)

くま。
逃げたりはしないけど、激しく赤ちゃん返りをしました。
ずっと私の足元にすりすりして、ごろんごろん転がっては、にゃ〜〜んハートたち(複数ハート)と甘え、小さいときですらめったに見たことのない、「もみもみ」を、じゅうたんの上でずっとしてました。


今日はもう3日目だし、晃雅が寝てたりするときや、夜はちゃんと今まで通り、くまと一緒に寝てるので、落ち着いたようですが、初日は「ママを取られる!!」って、思ったんでしょうね。
猫も人間と一緒だぁ〜ね。


でも2匹とも、晃雅に対してはまだ慣れてないので、遠巻きに様子を伺ってます。



09-4-10-2.JPG



晃雅自身は、まったく怖がることもなく、こっそり近づいてきたにゃんずを触ろうとしては逆にビビラせてました顔(イヒヒ)

まあ、何はともあれ、お互い嫌悪感はなさそうなので良かった〜猫(笑)ダッシュ(走り出すさま)

晃雅とにゃんずが寄り添う日も遠くないかな??
楽しみはいっぱい。


そして何よりも、晃雅が元気で家にいてくれることが、このあたりまえなことが、何よりも嬉しい。

でも退院したとはいえ、まだ晃雅はおなかに爆弾を抱えているようなもの。

油断は出来ません。

大変なのはこれから。

でもきっと大丈夫。

いくつもの山を乗り越えてきた晃雅と一緒に、またここから新しいスタートです。

がんばるぞ!

ニックネーム くまママ at 22:01| Comment(7) | TrackBack(0) | 晃雅の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする