2008年12月07日

晃雅First Birthday

寒くなりました。
風邪、ひいてませんか?

我が家のカエル王子晃雅が、なんと12月6日に1歳のお誕生日を迎えましたよバースデー

08-12-6-4.JPG


誕生日用のカエル王子の衣装です。いすに座ってるからわかりにくいけど、前のカエルスーツと違って、王冠とマントついてます(笑)

まだまだやせっぽっちで、誕生日の体重は2080グラム。
1歳を迎えても、普通の赤ちゃんより小さいです。


でも生まれたときはもっともっと小さくて・・・


081206_231658.JPG


両手のひらに軽く乗るくらいで、わずか554グラムでした。

点滴や呼吸器につながれて、とても痛々しい姿だけど、それでもすごくかわいくて、すごくいとおしくて仕方ありませんでした。

何度も繰り返した手術。
そのたびに、晃雅を失ってしまうのではという不安に押しつぶされそうになりました。
普通に産んであげられていたら、こんなにつらい思いをさせることもないのに、とか、1歳を迎えるなんてことも出来ないんじゃないか、とか思ったこともありました。

本当に、一日一日がすごく大事でした。
病院に行くたびに、今日は元気だろうかと心配で仕方ありませんでした。

でも小さな身体で、晃雅は毎回大きな山を乗り越え、生きることの大切さを何度も教えてくれました。

つらいことも多かったけど、その分喜びも大きくて、幸せな気分にもいっぱいさせてくれました。

ありがちな言葉だけど、パパとママを選んで生まれてきてくれてありがとう猫(笑)


出来ればおうちで迎えたかった1歳のお誕生日だけど、病院でも素敵なお誕生日会を開いてくれましたバースデー

ほかの面会の人が帰ったあとで、この日は特別にじーちゃんばーちゃんも中に入れてもらい、はじめて抱っこしてもらうことも出来ました。


08-12-6-2.JPG


こんなにいっぱいの人に囲まれるお誕生日会なんて、きっと2度と出来ないよね。

ちなみになぜ、お面をかぶってるのかというと、カエル王子晃雅のお祝いに、動物達が駆けつけた、と言う設定だからなのです。

担当の看護師さんや保育士さんが色々考えてくれたそうです。
ベッドの飾りつけとかもいっぱいしてくれたんですよ。

晃雅の担当の看護師さんと主治医の先生なんて、今日お休みなのに、誕生日会のために、わざわざ来てくれました。


08-12-6-3.JPG


この1年、先生は家に帰っても、晃雅のことばかり気になって仕方なかったそうです。
本当にいっぱいいっぱいありがとうございます。
もう少し、お世話になりますね。

08-12-6-5.JPG


プレゼントもいっぱいもらっちゃいました。
晃雅はみんなに大事にしてもらってほんとに幸せものだぞわーい(嬉しい顔)

小さく生まれてしまったことは、とてもつらかったけれど、その分大きな幸せと、こんな素敵な出会いを運んでくれてありがとね。

ちなみにパパとママからのプレゼント^^

これはパパから。

08-12-6-6.JPG


市販のガラスのコップにパパが自分でカエル王子のイラストを彫ってくれました^^
あ、下絵はくまママで〜す。
すごいでしょ。世界でひとつだよ。


これはママから。


081124_212606.JPG


右のは見えにくいけどおなじみ紙粘土。
左のはロールケーキ。
タオルとわたをくるくる巻いてつくっただけ。簡単ですよ。
で、上に乗ってるカエル王子は実はお掃除道具として売ってるものの顔を晃雅に変えただけ。興味がある人はダ○ソーで探してみてちょ^^


横から見るとこんな感じ。

081124_213733.JPG


ね、タオルだと思えないでしょ。
ちなみに横のロールケーキは、いとこでブログ友達のチャーミー☆のおばちゃまからいただきました〜。誕生祝に食べましたよ。ありがとう〜。


こんな感じで、忘れられない素敵なFirst Birthdayを迎えることが出来ました。
晃雅に、そしてお祝いしてくれたみんなに、いっぱいありがとう。


また新しい1年の始まりだね。

きっと大変なこともいっぱいあるだろうけど、これからも頑張っていこうね^^

08-12-6.JPG


晃雅大好き^^












ニックネーム くまママ at 02:22| Comment(10) | TrackBack(0) | 晃雅の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする