2008年05月08日

初節句、満5ヶ月、そして手術

5月5日、晃雅は初節句、そして6日には満5ヶ月を迎えました。

家で一緒にお祝いすることはできなかったけど、一応ベランダ用の小さなこいのぼりを買って、あと病院用と、我が家用に飾りを作りました。


病院はあれこれ持ち込めないので、こんなものを・・・。

080508_102127.JPG


わかりにくいけど、色画用紙切って絵を作りました。そしたら晃雅担当の看護師さんが、絵にあわせて帽子(病院の)に晃雅マークをつけてくれました^^

おうち用にはこれを。



080505_181248.JPG


何気にくまちん写ってるな・・・
得意(?)の紙粘土で作りました^^あ、こいのぼりは市販のものです。母親にもらいました。
かわいいでしょ。自分でも気に入ってます。

んでもって、パパと二人でちまきも食べました。お祝い事だしね。

08-5-5.JPG


しっかりきなこにとられそうになったけどね・・・。




そして5月6日。満5ヶ月を迎えました。
体重は1700gを超え、生まれたときの3倍です。

080508_102309.JPG


大きくなったね^^

そしていよいよ5月7日。人工肛門を閉じる手術の日です。

黄疸の値が下がらなかったり、肝機能が悪かったりと問題はありましたが、腸をおなかに戻したほうが、それらもよくなる可能性が高いというわけで、手術の日を延ばすことなくこの日に決行。

予定時間どうり3時間の大きな手術でした。
おなかの上に出ていた人工肛門の出ている分を少し切ってつないで戻し、前と同じように、点滴用のカテーテルも入れました。

またいっぱい頑張ったね。
ほんとに晃雅は強い子だよ^^えらいえらいClap

おなかの傷は痛々しいけれど、おなかの上にぽこっとでていたものがなくなりました。
本当は3月に戻すはずだったけど、色々あってやっと、本来あるべき姿に戻ったね。
ほんとにがんばったね、ありがとう。

これから順調にいっても1週間は絶食。
いつもおなかが空いて暴れていた晃雅、この空腹に耐えられるかなぁ。
あと、麻酔をかけた関係で、呼吸器もまたつきました。
多分直前まで自分で呼吸していたんだからすぐ取れるとは思うけど。
そんでもって抱っこもしばらくおあずけ。
ちょっと寂しいけど、少しの間のことだからね。

これで7回の手術を乗り越えた晃雅。
また、治療はつらいけれど一緒に頑張ろうGood

元気に回復して、またいっぱいかわいい顔を見せてね猫(笑)

080507_141109.JPG


いや〜〜、しかし晃雅の笑顔はちょっとじじくさくて笑えるわ。



ニックネーム くまママ at 18:49| Comment(12) | TrackBack(0) | 晃雅の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする