2008年04月26日

晃雅のために出来ること


晃雅ももうすぐ5ヶ月を迎えます。
退院まではまだしばらくかかりそうですが、毎日頑張っています。


080412_232726.JPG


哺乳瓶でミルクを飲むようになり、ミルクの量も1回30cc飲んでいます。
パパも上手に飲ませられるようになりました。

080412_220938.JPG


抱っこできるようになったり、ミルクがあげられるようになったりと、晃雅にしてあげられることは増えたのですが、それでも毎日を病院で過ごす晃雅にとって、看護師さんや先生との時間のほうが長いのが現実です。

もっと一緒にいたい、晃雅を今すぐ連れて帰りたいと、わがままを言ってパパを困らせたこともありました。

毎日病院に会いに行くことはとても楽しいのですが、晃雅より後に生まれた子がどんどん先に退院していってしまうのを見るのはつらいときもあります。

せめてもっと何かできることはないかな。

今できる事は、会いに行くこと。抱っこしてあげること。話しかけてあげること。母乳を搾って届けること。ミルクをを飲ませてあげること。オムツを替えてあげること。毎日晃雅のことを想うこと。

うん、まあ、それなりにあるんだけど、もっと何かしてあげたい。

と思ってまずはじめたのは、よだれかけ作り。


080113_114910.JPG


ハンドタオルを切って、バイヤステープつけるだけ。
くまママB型なので、基本適当、型紙とか一切取りません。
だからちょっといびつだったりするんだけどね・・・。

ハンドタオルはいっぱいあるので、もう結構何枚かできました^^

晃雅の担当の看護師さんも、少しでも何かできることを、と考えてくれているようで、こんなものも作らせてもらいました。

080303_134426.JPG


これはお鼻のチューブとかを止めるテープ。
1枚目2枚目の写真でわかると思うけど、あんな感じで使ってます。
これは作り始めたらとまらなくって、アンパンマンやドラえもん、ハム太郎とかもあります^^

そして最近作った大作はこれ。


080423_171616.JPG


晃雅専用ベットです。かわいいでしょ。
保育器の中に入るように、長さ60センチの幅40センチくらいの大きさです。
もちろん型紙なし、ほとんど手縫いなんですよ^^
出来上がったときは自分でも感動してしまいました。

晃雅は手術が多いので、母乳飲んでいない時期がっけっこうあり、そのため骨が弱くなっています。
簡単なことで折れてしまうことがあり(実際折れたところもある)、何とかならないかと、看護師さんと一緒に考えました。

中身はわたではなく、毛糸で編んだものがいい、と言われたのですがくまママあみものは苦手・・・・顔(汗)
模様なしのマフラーさえまっすぐ編めません・・・。

なので、母親、晃雅のバーちゃんにお願いしました^^
くまママのママは編み物がすっごく上手!小さいときからよく色々作ってもらってました。

と言うわけで、晃雅のためにひざ掛けと、着ていないベストをもらいました。もちろん両方手編みですよ。

こんな感じで中に入ってます。


080420_231834.JPG


きなこも喜ぶふわふわ感が出ました。
どかしてもどかしても、ここで寝ようとしてました。
これは晃雅のなんだからね。

そんなわけで、母親の協力もあり、愛情たっぷりのすごくいいベットが出来ました。
病院でも大好評で、人数分作ってほしいくらいだと言ってもらったりしました。
晃雅今頃ぐっすり寝てくれるかな?

次にしようと考えてるのは服作りです。
晃雅は週数もいっているので、服を着せてもらえるようになり、(写真は病院の肌着です)入院期間も長いので、私服を許可してもらえました。

もちろんまだ身長40センチくらいのおちびさんなので、新生児用の肌着でも大きいくらい。
お友達にいっぱいもらったのがあるので、とりあえずそれを持っていきましたが、やっぱり作っちゃおっかな〜って思ってます。
なんだか久しぶりに洋裁をしてはまりつつあります。
晃雅待っててね〜〜。

さて、そんな晃雅ですが、人工肛門をおなかに戻す手術が5月7日に決まりました。

今のところ問題はなさそうですが、黄疸の値が高いのでそこだけがちょっと心配です。

予定ではこれが最後の手術です。
どうか無事に手術が済みますように。

頑張ろうね、晃雅Good

080412_171337.JPG

ニックネーム くまママ at 21:25| Comment(7) | TrackBack(0) | 晃雅の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする