2008年04月26日

晃雅のために出来ること


晃雅ももうすぐ5ヶ月を迎えます。
退院まではまだしばらくかかりそうですが、毎日頑張っています。


080412_232726.JPG


哺乳瓶でミルクを飲むようになり、ミルクの量も1回30cc飲んでいます。
パパも上手に飲ませられるようになりました。

080412_220938.JPG


抱っこできるようになったり、ミルクがあげられるようになったりと、晃雅にしてあげられることは増えたのですが、それでも毎日を病院で過ごす晃雅にとって、看護師さんや先生との時間のほうが長いのが現実です。

もっと一緒にいたい、晃雅を今すぐ連れて帰りたいと、わがままを言ってパパを困らせたこともありました。

毎日病院に会いに行くことはとても楽しいのですが、晃雅より後に生まれた子がどんどん先に退院していってしまうのを見るのはつらいときもあります。

せめてもっと何かできることはないかな。

今できる事は、会いに行くこと。抱っこしてあげること。話しかけてあげること。母乳を搾って届けること。ミルクをを飲ませてあげること。オムツを替えてあげること。毎日晃雅のことを想うこと。

うん、まあ、それなりにあるんだけど、もっと何かしてあげたい。

と思ってまずはじめたのは、よだれかけ作り。


080113_114910.JPG


ハンドタオルを切って、バイヤステープつけるだけ。
くまママB型なので、基本適当、型紙とか一切取りません。
だからちょっといびつだったりするんだけどね・・・。

ハンドタオルはいっぱいあるので、もう結構何枚かできました^^

晃雅の担当の看護師さんも、少しでも何かできることを、と考えてくれているようで、こんなものも作らせてもらいました。

080303_134426.JPG


これはお鼻のチューブとかを止めるテープ。
1枚目2枚目の写真でわかると思うけど、あんな感じで使ってます。
これは作り始めたらとまらなくって、アンパンマンやドラえもん、ハム太郎とかもあります^^

そして最近作った大作はこれ。


080423_171616.JPG


晃雅専用ベットです。かわいいでしょ。
保育器の中に入るように、長さ60センチの幅40センチくらいの大きさです。
もちろん型紙なし、ほとんど手縫いなんですよ^^
出来上がったときは自分でも感動してしまいました。

晃雅は手術が多いので、母乳飲んでいない時期がっけっこうあり、そのため骨が弱くなっています。
簡単なことで折れてしまうことがあり(実際折れたところもある)、何とかならないかと、看護師さんと一緒に考えました。

中身はわたではなく、毛糸で編んだものがいい、と言われたのですがくまママあみものは苦手・・・・顔(汗)
模様なしのマフラーさえまっすぐ編めません・・・。

なので、母親、晃雅のバーちゃんにお願いしました^^
くまママのママは編み物がすっごく上手!小さいときからよく色々作ってもらってました。

と言うわけで、晃雅のためにひざ掛けと、着ていないベストをもらいました。もちろん両方手編みですよ。

こんな感じで中に入ってます。


080420_231834.JPG


きなこも喜ぶふわふわ感が出ました。
どかしてもどかしても、ここで寝ようとしてました。
これは晃雅のなんだからね。

そんなわけで、母親の協力もあり、愛情たっぷりのすごくいいベットが出来ました。
病院でも大好評で、人数分作ってほしいくらいだと言ってもらったりしました。
晃雅今頃ぐっすり寝てくれるかな?

次にしようと考えてるのは服作りです。
晃雅は週数もいっているので、服を着せてもらえるようになり、(写真は病院の肌着です)入院期間も長いので、私服を許可してもらえました。

もちろんまだ身長40センチくらいのおちびさんなので、新生児用の肌着でも大きいくらい。
お友達にいっぱいもらったのがあるので、とりあえずそれを持っていきましたが、やっぱり作っちゃおっかな〜って思ってます。
なんだか久しぶりに洋裁をしてはまりつつあります。
晃雅待っててね〜〜。

さて、そんな晃雅ですが、人工肛門をおなかに戻す手術が5月7日に決まりました。

今のところ問題はなさそうですが、黄疸の値が高いのでそこだけがちょっと心配です。

予定ではこれが最後の手術です。
どうか無事に手術が済みますように。

頑張ろうね、晃雅Good

080412_171337.JPG

ニックネーム くまママ at 21:25| Comment(7) | TrackBack(0) | 晃雅の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

ルパン一味の成長記録19 「次元1歳」

2007年4月21日。まだへその緒がついている仔猫が3匹我が家にやってきました。

生後数日と言われた仔猫たち、そう、ルパン、不二子、次元の3匹です。


070422_211043.JPG 奥が次元





どうしていいかわからず、皆さんに励ましやアドバイスをたくさんいただきながら、はじめての赤ちゃんに四苦八苦していました。

哀しいことに、ルパンと不二子は相次いで旅立ってしまいましたが、あの子達の命は今は晃雅の中にあると信じています。

1匹になってしまった次元。寂しい日もあっただろうけど、くまママの実家で愛情いっぱいに育てられました。






こんなかわいい時期もあったなあ・・・いやもちろん今でもかわいいけど。


カミカミ王子だった次元。
みんな傷だらけになりました。

070608_094524~000.JPG


今はカミ癖も落ち着いたかな?機嫌が悪いときとか眠いときとかは噛まれるけど。


そんな次元も4月20日、1歳になりましたバースデーClap
大人の仲間入りだね^^

ルパンと不二子がいなくなってから、次元もいなくなってしまうのかなと、毎日心配で仕方なかったけど、ほんとうに元気に育ってくれて嬉しいです。

今じゃすっかり王子様・・・と言うより王様です。

080419_185535.JPG



それでも元気に大きくなってくれるのが一番^^
これからも、愛情いっぱい受けて元気に大きくなってね。

じゃ、今日はルパンと不二子が眠る場所でも、お誕生日祝いをしてこないとね^^

ニックネーム くまママ at 11:46| Comment(7) | TrackBack(0) | ルパン一味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

猫びより

本当に暖かくなりました。
桜の季節はもう終わるけど、それでもあちこちに花があふれ、外を歩いているだけでも気持ちがいいですね。


080408_173742.JPG



くまママがよく行く公園には花はもちろん、猫もたくさんいます。

暖かくなってきたので、猫もあちこちから出てきました。

080408_172603.JPG


この子は警戒心が強くすぐ逃げちゃいます。



080408_173029.JPG


この子はおてんばで、木に登ったり、他の子追いかけたり・・・。



080408_171930.JPG


この子はとてもおとなしく、近づいても逃げませんでした。

猫がわんさか見れてほんとこの日は猫日和^^
公園から帰りたくなかったです。

でもこの子達、実は兄弟のようです。


080408_175107.JPG


手前にいるのがお母さんです。
後ろの団体の左側の茶シロがどうやらお父さんみたいな感じ。
ちょっと大きかったし。

このお母さん猫はえらくて、仔猫たちが走り回ってる様子をじっと座って見守ってるし、エサも仔猫たちに先にあげてから最後にもらっていました。

ちなみに父さん猫は仔猫たちに遠慮することなくがっついてたけど・・・。

この公園は猫おばさんがいて、ほぼ毎日えさをやっています。

猫たちもよく知っていて、おばさんが歩いてくると、どこからともなくすごい数の猫が出てきます。

すごく広い公園ですが、どこに何匹いるとか、赤ちゃんが何匹生まれたとか、おばさんはすごく知っています。

それよりも、エサ代どんだけかかってるんだろうな・・。

猫が多いこの公園が私たちは好きで、結婚する前からよく行ってたし、猫を拾ったこともあります。

そのころすでにおばさんはいたんだよね・・・。
ニックネーム くまママ at 11:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

晃雅満4ヶ月^^

ずいぶん暖かくなりました。
くまママのうちでは先日ホットカーペットを片付けました。

でも、コタツはまだ片付けられません〜〜。

さて、晃雅ですが4月6日に無事満4ヶ月を迎えました。

でもこの1ヶ月、また色々ありました。


080323_164812.JPG


点滴のカテーテルを入れる手術をして抗生剤の治療を行っていた晃雅。
一旦はよくなったけど、3月11日、感染の値が上昇。

新しい抗生剤を追加して、一時感染の値も少し下がったけれど、それ以上下がらず3月13日、また腸閉塞になり手術決定。


6度目の手術。

毎回手術の時には身体が小さいので体力を考えると、時間のかかる大きな手術は出来ませんといわれていた。
今までもたいていは1時間か1時間半くらいだった。

今回の手術。約3時間半。

待合室で待っても待っても終わらず、さすがに今まで考えないようにしていた「最悪の覚悟」をした。

でもそんな大きな手術にもかかわらず、ちゃんと頑張って乗り越えてくれました。

ほんとにほんとにありがとう。



今回は腸全体を探って悪いところを見つけ約5pも切除。

切ったところはつないで戻し、前回開けた2つ目の穴も閉じた。
つまり、人工肛門は最初に作ったひとつだけになったということ。

あと、点滴のために入れていたカテーテルが輸血の圧に耐えられず破れたらしいので、カテーテルも抜いた。

人工肛門閉じるのも、カテーテルを抜くのも、また別々に手術だと言われていたが、この日一度に行われた。

さすがに先生も疲れた表情だった。

晃雅もきっといっぱい疲れたんだろうな。

それでも術後面会した晃雅は、麻酔がまだしっかり切れていないにもかかわらず、目を開けてこっちを見て、涙を浮かべていた。


晃雅にばっかり、いっぱいつらい痛い思いさせてごめんね。

あやまることしか出来なかった。


自分が気持ちで負けてしまったらいけないと、今までなるべく泣かないようにしてきたけれど、さすがに自然と涙がこぼれてしまった。

本当にもうこれ以上、晃雅がつらい思いをしませんように・・・



それからというもの、晃雅は順調に回復^^
感染も下がり、腸の動きもいいようで母乳も再開し、人工肛門からあふれんばかりのフンがも〜りもり。

そして4月2日。2度目だけれど呼吸器が取れました!!



080402_170420~000.JPG


きゃ〜〜かわいい顔(メロメロ)顔(メロメロ)かわいすぎ!!(親ばか絶好調!)
一人前に指しゃぶりもしてます。

そしてそして、今まで鼻のチューブから注入していた母乳もなんとお口から哺乳瓶で飲めるようになりました〜ClapClap

すごい進歩です!!

身体の調子もいいので抱っこの許可もまた出ましたわーい(嬉しい顔)

嬉しいな〜〜。

あとは体重が増えて、残ったひとつの人工肛門を閉じるだけ。

今体重は1300グラム。最低でも2000グラムは超えないと退院はできないの。


でもきっとあともう少しだから、頑張ろうね。
ニックネーム くまママ at 10:34| Comment(11) | TrackBack(0) | 晃雅の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

くまはけっこういじわるだ

4月に入り、本格的に春ですね。
皆さんお花見行きましたか?桜桜

くまママは地元の有名な公園に散歩がてら行って来ました。

桜を見るとなぜかつい、「日本人でよかったな〜」って思ってしまいます。


080401_173307.JPG




さて、以前、猫は何かと邪魔をする、というような話をしましたが、その中でもくまは特にきなこの邪魔をします。

きなこがご飯を食べていれば、もうひとつあるのに必ずきなこが食べているほうを食べるし。

んで、きなこが負けちゃってもうひとつのほう食べる。

080221_085546.JPG


へたすればさらにまたきなこの食べてるのを食べに行く。

人のやつのほうがおいしそうなのか、きなこにはあげたくないのか。
なんだかいじわるです。


それから寝る時もそう。

ベッド他にもあるのにわざわざきなこが寝てるとこに入る。


080210_202105~000.JPG


080119_171627~000.JPG


一緒に寝たいだけかもしれないけど、そのうちなめてあげる振りしてきなこに噛み付くので、怒ってきなこが出て行く・・・って言うのが毎回のパターン。

長男として、わがままに甘やかしすぎたかしら?

きなこ抱っこしてると(きなこは嫌がって暴れてるけど顔(汗))絶対やきもち焼いて足元すりすりしてくるし。

何でもかんでも自分のもの!!って感じなのかな?

でも、そんなきなこもやられっぱなしではありません。

ひそかに仕返しをします!!


080117_123756~000.JPG


なんか地味だわね。くまちん、気づいてないし。
ニックネーム くまママ at 11:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする