2008年01月22日

退院してきた日のこと



皆さん、温かいコメントありがとう^^

皆さんの応援のおかげで、晃雅は今日も元気にがんばっています。
たくさんの人に支えられて、とっても幸せな子だな。


さてさて、かわいい晃雅黒ハート(親ばか)の出産は、とても軽かったのもあり、産後の経過もよく、12月11日に一足早く、くまママだけ退院の日を迎えました。

約1ヶ月の入院生活。
あんなに帰りたかったけど、いざ帰るとなると、名残惜しいような変な気持ちでした。
晃雅を残して退院してしまうからでもあると思うけど。

1ヶ月ぶりの外の空気。
とても寒い日ではあったけど、その冷気もくまママにとってはとても気持ちいいものでした。

入院中、仕事でほとんど家にいる時間のないパパに代わって、家のことやにゃんずのお世話は、両親がやってくれていました。

今まで何回遊びに来ても、逃げてしまってその姿を見せなかったきなこは、毎日えさをやることによって、玄関まで出迎えるほどになったそうです。

結局食べ物なのね、あのこは・・・・。
かあちゃん情けないよ・・・もうやだ〜(悲しい顔)

そんなわけで、にゃんずのことは心配なかったのですが、ただひとつ不安なことがありました。


きなこ・・・・私のこと覚えてるかしら????

以前お正月に1泊で家を空けたところ、帰ってきたとき、見事に逃げられ、洗濯機の裏に隠れてなかなか出てこなかったことがある。

1泊どころか1ヶ月。
あ〜〜〜〜〜、絶対忘れてるよ〜〜〜!!

そんな不安を抱えて帰宅。

ママっ子で、入院している間、いつも夜寝る時間くらいになると、すっごく鳴いて(普段はほとんど鳴かない)、私を探していたらしいくまは、私の顔を見るなり、すごく大きな声でにゃあにゃあ鳴いてくれました顔(泣)
「ママ、どこにいたの!寂しかったんだよ猫(泣)猫(泣)!!」
と、言ってくれてるかのようでした。
ずっと会いたくて会いたくて仕方なかったので、私もすごくうれしくて泣けてきました。

そしてきなこ。
私の顔を見るなり・・・・・

逃げました。
やっぱりね。予想はしてたけど、違う意味で泣けるわもうやだ〜(悲しい顔)

071211_222016.JPG


次元だって覚えててくれたのにな・・・。

そうしてきなこは、しばらくの間、私が病院から帰ってくるたびに、必ず一度は隠れるようになりました。もうやだ〜(悲しい顔)

ま、さすがに数日で逃げなくなったけど。

エサの力でねエサ

ニックネーム くまママ at 10:48| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする