2008年01月08日

ただいま


みなさんあけましておめでとうございます。

そして、

ただいま。

長い間ご心配をおかけしましたが、くまママ帰ってまいりました手(パー)


お休みしていた理由をお話しますね。
ちょっと長くなるかも。

昨年11月16日、少量の出血があったので、かかりつけの産婦人科医へ行ったところ、まだ妊娠21週にもかかわらず、子宮口が2センチほど開いており、赤ちゃんの入っている胎胞が見えている状態と診断。
そのためそのまま救急車で大きい病院へ搬送され、子宮口を縛る手術をうけ、そのまま入院。

寝たきり状態で治療が進み、結構きつかったですが、経過は順調で、退院も近いですよ、と言われていたのに23週で突然の破水。

破水はしたものの、おなかにお水を入れる治療をして、1日でも長くおなかに赤ちゃんをとどまらせるようにしていたのですが、これまた思いがけず陣痛が始まり(陣痛だとははじめわからなかったし)、24週3日目の12月6日、14時17分、男の子を出産しました。

554gという小ささでした。

小さいので、お産自体は軽く(逆子にもかかわらず)あっという間でした。
ばたばたとあまりに急な出来事で自分自身何が起こったがわからず、しばらくとまどいました。

でも、くまママはお母さんになりました^^

赤ちゃんの名前は晃雅(こうが)といいます。
日の光・・・太陽晴れのように明るく、みんなにパワーを与えてくれるような子になりますように、と言う願いを込めてわーい(嬉しい顔)
みなさんよろしくね。

晃雅はとても小さいので、赤ちゃんはしばらくは病院病院のNICU(新生児集中治療室)に入院です。

無事に満1ヶ月を迎えましたが、実はその間に3度の手術を行いました。

もちろんとても小さな体なので、簡単な手術ではありませんでした。
でも、そのたびにちゃんと乗り越えてくれました。


晃雅の生きようとする力は、誰よりも強いんだと思います。



だって、生きるために、生まれてきたんだもんね。



080107_195726.JPG


保育器の中で呼吸器やら点滴やら、色々つけられて痛々しい姿ですが、ものすっごい!かわいいですよ(親ばか)
色々未成熟で生まれてくるので、最近やっと、両目が開いたところです。

まだこれから乗り越えなきゃいけないことはたくさんあるけど、最近は状態も安定していて、元気です。

動きすぎて、呼吸器外れちゃったりするらしく、看護師さんをよく困らせてます^^;

くまママ自体はお産が軽かったのもあり、元気です。
寝たきりだったので、かなり体力や筋力が落ちてたのはあるけど。(階段とか上り下りするのもかなり時間かかってた)

晃雅と会えるのは1日1時間。でもそれが毎日の楽しみです。
だって、かわいいんだもん(親ばか)

今思えば、赤ちゃんは出来ないと思っていた矢先に妊娠したことに始まり、出産まですべてが突然の連続で、驚くことばかりだったな。


てなわけで、色々あったくまママですが、くまたろう日記のほうは、これからも続けていきます。(まったり更新だけど)

くまママ工房のほうは、もうしばらくお休みします。
続けていくかどうかも検討中です。

みなさん、これからも、くまママ一家をよろしくお願いしますね。
そして、今もがんばってる晃雅を、応援してやってください。


ニックネーム くまママ at 11:21| Comment(15) | TrackBack(0) | 晃雅の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする